任意整理に関する情報が満載!

任意整理大全 / ロゴ

借金関連の話題でよく聞く「任意整理」とはどういうものなのか

借金の悩み解決を売りにする法律事務所の宣伝などでよく耳にする任意整理という言葉、その意味するところはどういうものなのでしょうか。
任意整理とは、司法書士が債権者すなわちお金を貸した業者と返済の方法や返済の額について交渉して現在よりも返済の負担が軽くなる条件での合意を成立させる手続きです。
自己破産や個人再生と異なり、裁判所を介することがなく住所氏名が官報(国が発行する機関紙)に載る事がない、また手続きが比較的簡単という理由から債務整理の手続きのなかでも最もよく利用されています。
例えば利息制限法の上限金利を超える金利の消費者金融等と取引がある場合には、利息制限法によって返済額を計算し直し、過去に払いすぎている利息を元本に充当して借金額を減らしてもらうように交渉します。
そして将来の利息はカットして分割払いするといったり過払い金や親族の援助で一括返済するので借金額を減額して欲しいといったように交渉を進め行きます。
契約書などの書類がなくても手ぶらで簡単に手続きが行えるうえ、手続きが終わったらその瞬間すぐに貸金業者からの催促の電話がストップするので、借金がたまっていてどうにもこうにもしようがないという方は任意整理を視野に入れてみてはどうでしょうか。

任意整理は専門家に任せて負担軽減

借金がかさみ自分だけではどうにも返済が困難な状態に陥った場合、法の救済には自己破産と個人再生、特定調停と任意整理の4つの方法があります。
そして、手続方法の観点から前2つは裁判所への請求、特定調停は調停委員を挟んだ当事者の話し合い、そして任意整理は裁判所や調停委員を介すことなく直接債務者が債権者と交渉することで解決を図るものです。
この中で、借金の残高等債務の状態や債務者の生活状況などにもよりますが、最も多く用いられているのが任意整理による方法です。
そのメリットは、裁判所を通じない為官報に載らない、つまり第三者に知られることがないことをはじめ資格制限がなくまた複数の債権者がある場合には全部若しくは一部の債権者と交渉することもできます。
更に、過払い金が発生している場合にはこれも併せて調整することがでる為債務整理の方法に自由性があります。
そして、この方法自体は債務者自らが行うことができますが、法的な知識や手続の準備に時間を要することの他債務者個人が債務整理の交渉を申し出た場合、債権者の対応が各社でまちまちであり、更に肉体的・精神的負担の軽減という点から弁護士や司法書士の法律の専門家に依頼される方が多くなっています。

check

宮崎市 賃貸

ポケモンGO レア度

Last update:2017/11/8