任意整理に関する情報が満載!

任意整理大全 / ロゴ

任意整理をした人が住宅ローンを組むためには

任意整理をすると、住宅ローンが組めなくなるとよく言われています。
これは、任意整理をした記録が個人信用情報に残っているために、住宅ローンの審査に通らなくなるからです。
いわゆるブラックリストに載った状態です。
しかし、この記録はずっと残るわけではなく、およそ5年程度で記録は消えます。
個人信用情報から記録が消えてしまえば、金融機関は過去に債務整理をしたという記録を調べようがなくなるので、審査に影響することはなくなり、住宅ローンが組めるようになります。
ただし、注意するべき点もあります。
もしもブラックリストに載っている状態で将来ローンを組みたい金融機関に申込をしてしまうと、個人信用情報が照会され、過去に金融事故を起こした記録が見られてしまい、社内記録に残されることがあります。
社内記録に残ってしまうと、その金融機関では永遠に審査に影響する恐れがあるので、任意整理をしたら、およそ5年間は金融機関への申込みをしないほうが無難です。
およそ5年間おとなしくしておけば、再び信用情報がクリアな状態に戻り、金融機関の審査に通るようになります。

任意整理後の住宅ローンについて

借金の悩みを抱えている人にとって、これから先どのように借金の返済を続けていくかという点が大きな課題となってきますが、その課題を解決する手段として任意整理という方法があります。
任意整理では自己破産のように借金をゼロにすることはできませんが、自分の所有している財産を失うことなく借金の額を減額することができるため、借金の問題を解決するための有効な手段となっています。
しかし、任意整理をした場合、その履歴は個人信用情報機関へ登録されることになってしまい、新規にお金の融資を受ける際には必ずその履歴が参照されることになり、審査に通らない原因となってしまいます。
しかし、個人信用情報機関へ登録されている情報は一定の期間が経過した後に消されることになるので、情報が消された後であれば住宅ローンなどの審査に影響することはありません。
この期間の目安としてはおよそ5年から7年の時間が経過するまでとなっています。
それ以降であれば、過去の信用情報が住宅ローンなどの審査に影響を及ぼす心配はありません。