任意整理に関する情報が満載!

任意整理大全 / ロゴ

任意整理の期間はどのくらいかかる?そのメリットは?

任意整理は、借金の返済に困った人が法的な手段を用いて借金の負担を減らす手続きのことをいいます。
個人再生や自己破産とは違い、裁判所は介入せず、債務者と債権者の間に弁護士が入って交渉することで手続きが進められていきます。
借金がどれだけ減らせるかは弁護士の交渉にかかっていますが、高い確率で利子がゼロにできるようです。
また、弁護士に相談をした時点で請求が止まり、交渉が終わるまでは借金の返済から開放されることもメリットです。
過払い金がある場合にはその分のお金が戻ってくることもあります。
任意整理にかかる期間ですが、交渉する相手の業者にもよりますが、おおむね3ヶ月程度、長くても半年で終わるようです。
裁判所が介入しないため、自己破産や個人再生に比べると短い期間で終わります。
次にデメリットですが、任意整理をすると、ブラックリストに載ってしまうためにしばらくはクレジットカードやローンを利用できなくなります。
その期間はおよそ5年と言われています。
およそ5年が経過すれば、信用情報がクリアに戻り、再びクレジットカードなどを利用できるようになります。

任意整理後の一定期間は新規での借入はできない

任意整理のメリットは自分が所有している自宅や預貯金などの財産を手放すことなく借金を整理できるという点にあります。
そのため、財産を手放さずに借金を整理したいという場合には、借金の減額や返済条件を緩いものに変更してもらえる任意整理をするのが借金完済に向けた最善の方法となります。
しかし、任意整理をはじめとした債務整理を行った場合、借金の減額や免責というメリットを受けられる半面で受けなくてはならないペナルティーもあるということに注意が必要です。
そのペナルティーとは、債務整理を行った場合にはその後の一定の期間、新規での借入ができないということです。
債務整理を行ったときにはその事実は個人信用情報機関へ登録されることになり、登録された情報は一定の期間、残されたままになります。
そのため、そのような情報が登録されている期間については新規にクレジットカードやキャッシングを申し込んだとしても審査の段階で引っ掛かってしまい、審査に落とされてしまうことになるのです。

check

最終更新日:2016/5/13